学術指導

企業等からの依頼を受け、本学の研究者が専門的知識に基づき指導助言を行うことにより、依頼者の業務や活動を支援する制度です。技術指導やコンサルティング等を、大学の本務として勤務時間内に実施するものです。

契約までの手続き

  1. 事前協議(依頼者・研究者)
    本学研究者と内容・期間・指導料等の打ち合わせを行っていただきます。
    学術指導を申し込みたい研究者が決まっていない場合は
    京都大学教育研究活動データベースから研究者の検索が可能です。
    ②ウェブサイトのお問い合わせフォームまたはコンタクトシートに必要事項を記入し、学術指導のニーズをご提案ください。本学のコーディネータが研究者を紹介いたします。
     コンタクトシート送付先 : 学術研究支援センター
     E-mail : 090ura*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp  "*"を"@"に変えてください。
     関連サイト : 学術研究支援センター
  2. 学術指導申込(依頼者)
    学術指導依頼書によりお申込ください。
  3. 受入審査(工学研究科)
    工学研究科の外部資金等審査会に附議します。承認後、学術指導実施決定通知書を送付いたします。
  4. 契約締結
    契約条項を協議させていただき学術指導契約書を締結します。
  5. 指導料の請求
    依頼者に請求書を発行させていただきます。
  6. 指導実施
    契約書に定められた指導期間内に指導を実施します。

様式

規程等関連リンク

参考

お問い合わせ先