ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 総務課 / マルウェア感染が原因と思われる京都大学工学研究科メールアドレスを悪用したメール送信のお詫びについて

マルウェア感染が原因と思われる京都大学工学研究科メールアドレスを悪用したメール送信のお詫びについて

掲載日:2022/06/01

                                        令和4年6月1日
                             京都大学大学院工学研究科長    椹木 哲夫

 このたび、京都大学工学研究科教職員のパソコン1 台がマルウェア「Emotet」に感染し、当該パソコンに設定していたメールアカウント情報が漏えいしたことが原因と考えられる大量のメール送信が判明しました。
 本学工学研究科メールアドレス(~@***.kyoto-u.ac.jp)から届きました不審なメールにつきましては、添付ファイル並びにメール内に記載のweb ページ等を開かないようお願いいたします。
 すでにマルウェアの駆除等を実施し、メールの不正送信は停止しております。
 不審なメールを受け取った皆様には、多大なご迷惑とご心配をお掛けすることとなり、深くお詫び申し上げます。
 本研究科としては、この事態を重く受け止め、全構成員に対して改めてマルウェアに関する注意喚起を行い、再発防止の処置を講じていく所存です。

 本件に関するご質問、お問い合わせ等は以下の連絡先にお願いいたします。
 京都大学工学研究科総務課企画広報掛
 電話番号:075-383-2010
 メールアドレス:090skouhou@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp