ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 総務課 / 京都大学工学部卒業生 吉野 彰 先生がノーベル化学賞を受賞

京都大学工学部卒業生 吉野 彰 先生がノーベル化学賞を受賞

掲載日:2019/10/09

京都大学工学部卒業生 吉野 彰 先生のノーベル化学賞受賞の報に接して

 令和元年10月 9 日
京都大学工学部長・大学院工学研究科長

大嶋 正裕

 本学工学部をご卒業され、大学院工学研究科修士課程を修了された吉野 彰先生のノーベル化学賞受賞の報に接しました。本学出身者がこのような栄誉を受けられましたことは、現教職員ならびに在学生にとりましても大きな喜びです。吉野先生には、大学院工学研究科の特命教授として大学院生の教育にもご尽力いただきました。京都大学工学部、大学院工学研究科を代表して、心からお祝い申し上げます。

 受賞の対象となったリチウムイオン二次電池の発明と実用化は、さまざまな製品となって産業を興し、人々の生活を豊かにしてきました。吉野先生のお名前は、人類社会の進歩に大きく貢献した偉大なるエポックメーカーとして、歴史に残り続けることでしょう。

 このような功績を挙げられた吉野先生の母校であることを誇りに思い、京都大学工学部、工学研究科として、心よりの賛辞をお送りいたします。

 吉野先生の今後のますますのご健勝とご活躍を祈念いたします。