ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 学術協力課 / 圧力でオンデマンド分解が可能なプラスチックの研究開発に着手― 深海研究を応用したプラスチックのケミカルリサイクル ―

圧力でオンデマンド分解が可能なプラスチックの研究開発に着手― 深海研究を応用したプラスチックのケミカルリサイクル ―

掲載日:2022/05/10

 京都大学は、国立研究開発法人海洋研究開発機構、国立大学法人京都工芸繊維大学、国立大学法人静岡大学と、圧力をスイッチとしてオンデマンドで自在に分解可能なサステイナブルプラスチックの開発を目的とした共同研究契約を締結しました。

 本共同研究では、本学における責任者として高分子化学専攻の古賀毅 教授が参加しており、深海研究で培われた高圧技術を活用して、圧力をスイッチとしてオンデマンドで自在に分解可能なサステイナブルプラスチックを開発します。

pressrelease040510_zu

本研究開発のコンセプト図

詳しい内容について

プレスリリース資料PDF File

研究者情報

古賀毅 京都大学教育研究活動データベース

関連リンク

古賀研究室
国立研究開発法人海洋研究開発機構
国立大学法人京都工芸繊維大学
国立大学法人静岡大学