ホーム / 学科・専攻等 / 教育研究施設等 / 附属光・電子理工学教育研究センター

附属光・電子理工学教育研究センター

物理限界への挑戦と新機能/コンセプトの創出をキーワードとする 「光・電子理工学」 の学術拠点形成を目指します。

附属光・電子理工学教育研究センター本センターの目的は、物理限界への挑戦と、新機能・新コンセプトの創出をキーワードに、光の自在な制御および電子の極限的な制御を目指す「光・電子理工学」の学術拠点の構築と国際的な人材育成を行うことにあります。

20世紀の科学技術の進展により、情報処理量・速度とエネルギー消費は増大し続けています。21世紀においては、全世界規模で情報処理とエネルギー消費が継続的に増大し、既存の材料で構成されるデバイス性能の限界と地球資源の限界に達するのは時間の問題と予測されています。このような背景の下、20世紀後半に電子立国となった我が国が引き続き世界の主導権を握るためには、物理限界に挑戦する新しい概念の提唱と、その基盤を支える学術拠点の構築が肝要です。本センターでは、フォトニック結晶、ワイドバンドギャップ半導体を中心とする光・電子制御に関わる研究を核として、京都大学ならではの深い物理的思考に基づく教育研究背景をもつメンバーを結集し、上記の“物理限界への挑戦と新機能/コンセプトの創出”をキーワードに拠点形成を目指しています。