ホーム / 学科・専攻等 / 教育研究施設等 / 附属量子理工学教育研究センター

附属量子理工学教育研究センター

粒子線加速器からの量子ビームを用いたナノスケール物質科学の研究と支援を行います

附属量子理工学教育研究センター本センターは宇治構内にあります。粒子加速器からのイオンビームや電子線、X線、レーザーなどの機能性の高い量子線を用いて、ナノスケール微小領域に極端環境をもたらし、そこに生じる原子レベルでの複合現象をその場観測することにより、新しい自然の仕組みを発掘することを第1の目的としています。この基礎研究を通じて、物質材料の様々な側面に数多くの有益な新しい機能を発現させることにも、おおいに貢献します。また、量子ビーム技術を活用した核燃料サイクル技術の基礎研究にも取り組んでいます。

センターウェブサイト