ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / (終了しました)6/22: セミナー「eBookにおける研究成果発信と評価 : 電子時代の英文書籍出版について考える」

(終了しました)6/22: セミナー「eBookにおける研究成果発信と評価 : 電子時代の英文書籍出版について考える」

掲載日:2018/05/14

開催趣旨

敷居が高いと思われがちな書籍執筆、出版。ジャーナル論文と異なって業績評価に繋がらない、また出版後の影響がなかなか見えにくいなどとも言われます。しかし、書籍の電子化が潮流となり、オンラインで配信される今、紙媒体の時代とは異なった波及効果が生まれています。

本セミナーでは、実際に著書を出版した研究者より、書籍を通した研究成果発信の実例をお話しいただき、出版の現場より、企画から審査、またジャーナル論文出版との違いなど、書籍出版に対する疑問にお答えします。 また、初めての書籍評価ツールBookmetrixによって見えてきた出版後の書籍(eBook)の影響度を議論します。

企画から、執筆、出版、そしてその利用、影響と、書籍(eBook)の一生をたどり、書籍 (eBook)における研究成果発信を支援します。

日時

2018年6月22日(金)13:30~17:00(受付開始13:00~)

場所

附属図書館 3階 ライブラリーホール

対象者

京都大学の教職員、研究員、大学院生、学部学生、リサーチ・アドミニストレータ、図書館員

プログラム

13:30-13:40
開会

13:40-14:40
基調講演: なぜ書籍なのか。
Quantitative Infrared Specroscopy for Understanding of a Condensed Matterを出版した理由や経緯、その実体験 
京都大学化学研究所 教授 長谷川健 

14:40-14:50
京大新刊情報ポータルの紹介
京都大学学術研究支援室 URA 神谷俊郎

14:50-15:10
休憩

15:10-15:40
書籍出版の現場から、英文書籍出版についての疑問にお答えします
書籍出版とジャーナルの違い/企画書の書き方/審査プロセス etc. 
Springer 編集部 パブリッシングエディター 西田陽介

15:40-16:40
書籍評価ツールBookmetrixから見えてきた書籍の一生
マルテイン・ルランセ(Martijn Roelandse) Springer Nature, Head of Publishing Innovation

16:40-17:20
Q&Aセッション

17:00
閉会

※使用言語: 日本語または英語(逐次通訳あり)

申し込み方法

申し込みフォームからお申し込みください。 
申し込み締め切り: 6月21日(木)17:00まで
参加費: 無料
定員: 100名

共催

京都大学附属図書館, 京都大学学術研究支援室(KURA), シュプリンガー・ネイチャー

お問い合わせ

シュプリンガー・ネイチャー インスティテューショナル・マーケティング
jpmarket [at] springernature.com

 

転載元:図書館機構ニュースはこちら