Home / News & Events / News / Be Aware of Predatory Journals

Be Aware of Predatory Journals

Posted:2019/01/18

昨今、査読誌であることをうたいながら、著者から論文投稿料を得ることのみを目的とする、
ハゲタカジャーナル(Predatory Journals)と呼ばれる粗悪学術誌の増加が問題となっています。

図書館機構では、学内の研究者のみなさま向けにハゲタカジャーナルに関するリーフレットを作成しました。以下の点について解説していますので、ご活用ください。

  • ハゲタカジャーナルとはどのようなジャーナルなのですか?
  • ハゲタカジャーナルに投稿すると、どのような問題があるのですか?
  • どういうジャーナルがハゲタカジャーナルなのですか?
  • ハゲタカジャーナルへの投稿を防ぐにはどうすれば良いですか?

お問い合わせ先:
担当: 附属図書館
https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/form/1380548

 

転載元はこちら